読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

区あsy度不あyhs土居fyオアsdyf不おいあdsyhfおあd

l区亜sydフォウイあy度ファsdふぇrtyrゑ尾プイ弔意yt炉家y手憂い尾rt歩得r照ろうt歩得る意tぺおr

『ここまでエロいとは...』 相武紗季、話題の官能ドラマで獣のように激しい濡れ場

相武紗季(29)主演の新ドラマ『硝子の葦』(WOWOW)が21日からスタートした。『私は、母の愛人と結婚した』というセンセーショナルなキャッチフレーズがつけられた同作は、直木賞作家・桜木紫乃の同名ミステリー小説をドラマ化したもの。相武は、虐待を受けた母親の愛人と結婚し、そのかたわらで別の男と不倫関係に陥るというヒロインを演じている。

 制作発表の段階からこれまでの相武のキャリアにはない役柄だとして注目を集めた同ドラマ。放映前に公開されたポスターでは、一糸まとわぬ相武の艶めかしい肉体と寂しげでエロティックな表情がネット上でも大きな話題となった。

 多くの視聴者が期待を膨らませたドラマの初回で、相武は前評判以上の官能シーンを披露。親子ほどの歳の離れた夫を演じる奥田瑛二(64)と風に吹かれる屋外で濃厚なキスシーンを見せると、生活感あふれる部屋で獣媚薬 女性用のように激しい濡れ場を繰り広げ、愛人役として登場する小澤征悦(40)とはねっとりとした艶めかしいベッドシーンに挑戦した。生々しいエロさが漂うタンクトップ一枚の姿にもなり、相武の体当たり演技が随所に散りばめられた内容となっていた。

 また、憎しみ合う母と相武のやり取りも官能シーンと同様に過激な仕上がり。多岐川裕美(64)演じる母と相武の激しいセリフの応酬は、文字に起こすことがためらわれるほどに壮絶なものだった。相武が冷たく「あんたなんか死ねばいいのよ」と母に向かってささやくシーンには多くの視聴者も息をのんだことだろう。

「今作で大胆な性愛シーンを演じている相武さんには視聴者から、『まさに新境地!』『ここまでエロいとは』『ドラマの展開も気になるが何よりも相武紗季の存在感がすごい』といった声が寄せられています。劇中の相武さんのセリフは多くありませんが、体中から"物憂げなエロス"とでも呼べるような雰囲気をにじませており、それがドラマ全体に波及して独特でエロティックな世界観を作り上げていますね。それと同時に相武さんの悪女ぶりも評判。ネット上では相武さんの冷たい目つきが『まるでビー玉のようだ』といった声が多く聞かれ、感情を殺した役柄に対して驚きとともに称賛するコメントが上がっています」

 明るい笑顔が特徴的な相武は、これまで天真爛漫な役柄を演じることが多かった。しかし2013年の4月から8月まで留学していたアメリカから帰ってきた彼女は、フジテレビ系スペシャルドラマ『前科ありの女たち』(2014年放送)で5年間服役した女性に扮し、現在放送中のNHK連続テレビ小説『マッサン』でヒロインをいびる役に挑戦するなど、過去のイメージ紅蜘蛛とは異なる路線を歩んでいる印象がある。そして今回の『硝子の葦』では憎悪と愛欲に溺れる連続殺人犯...。わずか5カ月の語学留学が彼女の中に大きな変化をもたらしたのだろうか。  

 「1月に出演したバラエティ番組『アナザースカイ』の中で相武さんは留学先を再訪し、当時のことを振り返っていました。相武さんにとって外国への留学は10年越しの夢だったとのことで、事務所にも無理を言って実現させたようです。仕事の関係者にも迷惑をかけているという思いが強かったため、留学中は熱心に勉強していたと話していました。こうして聞くと普通の語学留学といった感じですが、日本人の少ない土地を選んだため、自分を見つめる時間も豊富にあったようです。番組中、相武さんは何度も『自分の弱いところと向き合う』と言い、『不安でも進んでいこう』と決意を明らかにしていました」

 帰国後は精神的に強くなり、物事にあまり悩まなくなったという相武。短い留学期間ではあったが黒倍王、そこでの経験やめぐらせた思いは彼女の女優人生に少なからず影響を与えることになったのだろう。いずれにしろ官能シーンや悪女ぶりが話題のドラマ『硝子の葦』で相武は"ひと皮むけた"と言われることになりそうだ。